グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  会社案内 >  会社沿革

会社沿革


年号 沿革
1940年(昭和15年) 創業者(初代社長)、川﨑清の個人経営で、名古屋市高辻において自動車用ギア式ジャッキの製造を開始
1944年(昭和19年) 株式会社に組織を改め川﨑清が取締役社長に就任
1949年(昭和24年) 静岡県島田市に移転
1951年(昭和26年) 中小企業庁から優良企業として長官賞を受賞
1952年(昭和28年) 産業安全工場に関し受賞
1955年(昭和30年) 静岡労働基準局庁より年少労働者保護育成に関し受賞
1957年(昭和32年) 中小企業庁から中小企業合理化モデル工場に指定された
1958年(昭和33年) 営業部門の一部を分離し、ツウテン商事(株)創立
1959年(昭和34年) 中小企業合理化モデル工場に指定、以降12年間指定された
1960年(昭和35年) 稲荷工場稼動開始[FC鋳造ライン] 
アルミ鋳物ライン向島工場より稲荷工場に移転
企業合理化の推進に関し、中小企業庁長官賞を受賞
1966年(昭和41年) 静岡労働基準局庁より中小企業労務管理モデル工場に指定
取締役社長に川﨑泰司が就任
1969年(昭和44年) 貿易部門を分離し川﨑機械貿易(株)創立
1970年(昭和45年) 資材・購買部門の集中管理として(株)川﨑機材センター創立
初倉工場稼動開始
1979年(昭和54年) 通産省より統計調査優良事業所として受賞。以降継続指定
優良申告法人として税務署より受賞。以降継続指定
1980年(昭和55年) 専用工作機械・型・治具等の製造部門を分離し、川﨑機械製造(株)創立
1982年(昭和57年) 菊川工場稼動開始
FC鋳造ライン稲荷工場より菊川工場に移転
1987年(昭和62年) インドネシアMTM社とスクリュージャッキ・パンタグラフジャッキにおける技術援助契約締結
1989年(平成元年) 資本金3000万円から7000万円に増資
労働省より雇用関係優良事業所として受賞
1991年(平成3年) 菊川工場第8期工事完了
1992年(平成4年) 菊川工場技術・食堂棟完成
1999年(平成10年) パンタグラフ・ジャッキ/スクリュー・ジャッキのSG認証を受ける
取締役社長に川﨑康司が就任
2001年(平成13年) 日本品質保証機構よりISO9001認証・取得
2003年(平成15年) 日本品質保証機構よりISO14001認証・取得
北アメリカに工場KTN(カワサキ テネシー)を設立、稼働開始
2012年(平成24年) KAWASAKI TENNESSEE INC. 第2工場を取得
2014年(平成26年) トヨタ自動車株式会社より「技術開発賞」を受賞(アルミグラビティ鋳造モノづくり改革ライン)
インドに工場 KMI を設立、稼働開始