グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  会社案内 >  環境方針

環境方針


全社一丸となり
積極的に環境問題に取り組んでいます。

2006年4月に施行された「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」により第一種エネルギー管理指定工場に指定された当社は、エネルギー合理化に積極的に取り組み、5年計画で設定した中期計画を1年でクリア。大幅な省エネ効果を実現しました。

その後も、第一種指定工場の義務であるエネルギー管理者の選任や毎年度の定期報告、中期計画の提出、管理標準を設定してのエネルギー使用の合理化などを実施してきました。

また新たに、事務所棟横の下屋に太陽光発電パネルを設置して、事務所棟の電力量を賄っているほか、LED照明の導入を推進するなど、地道な省エネ活動を継続して実施しています。

なお、菊川工場は操業を開始する前年の1981年には、すでに菊川町(現菊川市)と公害防止協定を締結するとともに、協定の規制値よりさらに厳しい数値を社内で設定し、水質をはじめ各種数値の抑制に努めるなど、全社一丸となって積極的に環境問題に取り組んでいます。

環境方針

1.環境に関連する法律、規則、及びその他の要求事項を遵守する事はもとより、必要に応じ自主基準を設け、
  合わせて事業活動の見直し改善  で環境汚染被害の予防に努める。

2.企業活動の諸条件を反映した環境目的・目標を設定、運用するとともに、適時必要な見直しを実施する。

3.技術的、経済的な事情を考慮のうえ、企業活動が環境に与える影響を低減し、
  更に循環型社会の実現を推進する。

4.環境パフォーマンス向上のため、定期的に内部監査、マネジメントレビューを実施し、
  環境管理システムを継続的に改善する。

5.この方針は文書化し、全従業員に社内教育を通して周知徹底するとともに、社外に公開する。